筝・三弦について

箏・十七弦・三弦について

 筝は、奈良時代に雅楽の中の一つの楽器として、中国から伝わり、八橋檢校(1614~1685)によって、現在行われている筝曲の基礎が確立しました。筝は、桐の木で作った共鳴体に張った13本の弦を指先にはめた爪ではじいて弾き演奏に必要な調弦は、弦に立てた柱の移動によって作られます。

 漢字制限に筝の代用として、琴が使われて「こと」と呼んでいますが、 「筝」は柱を用い、「琴」は柱を用いない楽器のことです。
また、古くから一匹の竜 に見たてて、各部の名称がつけられたといいます。

 広く使われている十七弦(じゅうしちげん)は、宮城道雄が考案した低音用筝で通常の箏の弦が13本であるのに対しより太い糸が17本張ってあります。

 三弦(三味線)室町時代末期、琉球を経て渡来した中国の三弦が独自の形を持った弦楽器として発展したものです。
一口に三弦といっても、長唄・津軽・浄瑠璃・小唄と、様々な種類があり ますが、大きく分ければ太棹(津軽)、中棹(地歌・長唄)、細棹(小唄)、琉球三味線の4つに分類されます。棹と動物の皮を張った胴からなり、棹から胴にかけ て張った三本の弦に駒を立て、バチ、又は指先で弦をはじいて演奏します。

十七弦

 [写真提供: 共立コミュニケーションズ株式会社]


箏のコトと琴のコト

 コトという楽器には、琴(きん)のコトと箏(そう)のコトの二種類があり、もともとこの二つは違う楽器なのです。

 ところが、琴の字も箏の字もともにコトと読む上に、当用漢字には箏の字がなく、琴の字だけが入っていることから、一般にはコトと言えば琴の字が当てられることが多くなり現在ではその使い分けが混乱しているというのが現状です。

柱(じ) では、この両者の違いはどこかと言いますと、ひとことで言えば琴には柱(じ)が無く、箏には柱があるということです。

 琴には一弦琴(いちげんきん)、八雲琴(やぐもごと=二弦琴)などがあります。


春の海 宮城道雄自作自演   YOU TUBEより

   お正月によく聞く宮城道雄の「春の海」です。
宮城道雄が8歳で失明する前に祖父母に育てられて住んでいた瀬戸内の広島県福山市鞆町から望んだ鞆(とも)の浦の海をイメージして昭和4年(1929年)に作曲したといわれます。

春の海が世界で絶賛されるきっかけとなったルネ・シュメーとの演奏

春の海(宮城道雄/シュメー編曲)
ルネ・シュメー(ヴァイオリン)、宮城道雄(筝)【1932年録音、日本ビクター】


宮城会

 昭和26(1951)年3月、国内外におよぶ宮城道雄の門人がひとつの輪に結ばれ、互いに演奏技術の向上と親睦を図る目的で、「宮城会」が結成されました。宮城会は宮城箏曲の普及のみならず、日本音楽の継承発展のリ-ダ-として活動しています。こうした一連の宮城会の活動に対し、平成6年10月には、ポーラ伝統文化振興財団から、第14回伝統文化ポーラ特賞が授与されました。